日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場大劇場でテロ対処合同訓練を実施しました

トップページ

トピックス

国立劇場大劇場でテロ対処合同訓練を実施しました

5月29日、国立劇場大劇場において麹町警察署主催によるテロ対処合同訓練が実施されました。

訓練には、麹町警察署、麹町消防署、麹町パートナーシップ参画団体及び千代田区パートナーシップ参画団体が参加しました。


この訓練は公演中に銃を所持したテロ犯人が乱入する状況を想定し、通報や観客の避難誘導、犯人の制圧及び検挙、負傷者の救護活動等の各種訓練を組み合わせて行うものです。


訓練では観劇中の観客を安全に避難させるための誘導手順から犯人の身柄確保、負傷者の救護と犯人の所持していた化学剤の除染等、実際に起こり得る危険な状況について、それぞれの機関がどのように対応するかを実践的な流れの中で確認しました。


日本芸術文化振興会はこれからも各機関と連携し、安全を確保するための万全な体制を整えてまいります。


 


 


 

 

  • 採用情報
  • バリアフリー情報
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • 芸術文化復興支援基金賛助会員 ご入会のお願い