日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 8月「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」「音の会」のお知らせ

国立劇場

トピックス

8月「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」「音の会」のお知らせ

「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」と「音の会」について

国立劇場では、設立当初から、伝統芸能の伝承者を安定的に確保するため、養成事業に取り組んできました。歌舞伎については、昭和45年に俳優の研修を開始し、以後、歌舞伎音楽の竹本、鳴物、長唄の研修を順次実施しています。数多くの修了者が送り出され、今日では舞台に欠くことのできない存在となっています。

そして、修了者や直接入門した既成者が日頃の研鑽の成果を発表する場として、既成者研修発表会「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」(歌舞伎俳優)、「音の会」(歌舞伎音楽)を毎年8月に開催しています。

普段は歌舞伎を脇で支える若き俳優・演奏家たちが大役に挑む貴重なこの機会。盛夏の風物詩ともなりました熱気に満ちた舞台にどうぞご期待ください。

「合同公演」出演者から

中村仲助
中村仲助(平成25年3月第20期歌舞伎俳優研修修了)
「寿曽我対面」の工藤祐経を勤めさせていただきます。普段8月は歌舞伎座に出演しておりますが、今年は勉強会に挑戦、そして工藤祐経という大役に身の引き締まる思いです。普段なかなかご一緒にならない先輩方、後輩の皆さんの足を引っ張らないよう、一生懸命勉強いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
市川新十郎
市川新十郎(平成2年3月第10期歌舞伎俳優研修修了)
この度は、「勢獅子」の鳶頭 鶴吉を勤めさせていただきます。藤間御宗家にご指導賜り、演者一同、すっきりと華やかな江戸前の一幕を御覧いただけますよう心を合わせます。毎年、暑い最中の公演ですが、我々も負けずに熱くなっております。是非、御々足をお運びいただければ幸いです。
中村芝のぶ
中村芝のぶ(昭和63年3月第9期歌舞伎俳優研修修了)
研修所卒業生として最後の参加となる本勉強会にて、これまで一番好きなお役は何かと尋ねられる度に必ず答えて参りました「矢口渡のお舟」を勉強させていただけることとなり、このように有難いことはございません。出演者一同力を合わせ懸命に取り組みますので、是非ご観劇くださいますようお願い申し上げます。

「音の会」出演者から

杵屋巳佐
杵屋巳佐(平成22年3月第4期長唄研修修了)
歌舞伎に専従する若手演奏家として日々の舞台での経験を活かした溌溂とした芝居心ある演奏を目指したいと思っております。どうぞ「音の会」に足をお運びいただきまして、ご感想、ご指摘を賜りますれば私共若手演奏家一同幸いに存じます。
鶴澤繁二
鶴澤繁二(平成27年3月第21期竹本研修修了)
音の会も20回を数え、先輩方が紡いでくださった歴史を感じます。「傾城反魂香」は実直な人柄ながら、思うように話すことができない又平が一途な思いで本懐を達成する出世物語です。「音の会」の節目となる本年にぴったりの演目を上演できますことを嬉しく思います。夏の暑い盛りではございますが、若手演奏家のさらに熱い舞台にお越しいただければと存じます。

昨年の舞台より

第23回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
第23回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
『双蝶々曲輪日記』
第24回「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」
平成30年8月16日(木)~20(月)
詳細はこちら >
第19回「音の会」
第19回「音の会」
鳴物・長唄『浅妻船』
第20回「音の会」
平成30年8月11日(土・祝)、12日(日)
詳細はこちら >
  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 文化プログラム
  • 明治150年記念事業
  • バリアフリー情報
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A