日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【11月歌舞伎】中村梅玉、尾上松緑が長谷川伸のお墓を訪れ、11月歌舞伎公演の成功を祈願し、意気込みを語りました!

国立劇場

トピックス

中村梅玉、尾上松緑が長谷川伸の墓所を訪れ、11月歌舞伎公演の成功を祈願し、公演への意気込みを語りました。

 9月27日、中村梅玉、尾上松緑が、国立劇場11月歌舞伎公演『坂崎出羽守(さかざきでわのかみ)』『沓掛時次郎(くつかけときじろう)』の上演を前に、『沓掛時次郎』の作者・長谷川伸の墓所がある東京都品川区・高福院を訪れ、公演の成功を祈願し、その後、取材会にて公演への意気込みを語りました。

 山本有三生誕130年に当たる今年、36年ぶりに上演する『坂崎出羽守』。そして、歌舞伎では41年ぶりの上演となる『沓掛時次郎』。11月歌舞伎公演では、心の琴線に触れる珠玉の新歌舞伎二篇をお送りします。
 『坂崎出羽守』では、中村梅玉の徳川家康を得て、六代目尾上菊五郎から二代目尾上松緑、初代尾上辰之助(三代目松緑)と引き継がれた坂崎出羽守に当代の尾上松緑が初役で挑みます。また、『沓掛時次郎』では、中村梅玉の沓掛時次郎を始め、中村魁春の三蔵女房おきぬ、尾上松緑の六ッ田の三蔵ほか好配役が揃いました。      

 


長谷川伸の眠る高福院での成功祈願の様子
(左より)中村梅玉、尾上松緑

 

  

 

中村梅玉
(『沓掛時次郎』沓掛時次郎、『坂崎出羽守』徳川家康) 

 


 今回は新歌舞伎、それも、最近あまり上演されていない作品の上演です。私自身、新歌舞伎は大好きなジャンルですので、この二つのお芝居に出演させていただくことを嬉しく思っています。
 長谷川伸先生の作品『沓掛時次郎』は博徒の世界のお話です。歌舞伎として初めて上演された際は、とても尊敬している十五代目市村羽左衛門さんが演じ、その後は、(三代目)市川寿海のおじ様、(十四代目)守田勘弥のおじ様がたが演じて来られました。今回挑戦できることを楽しみにしています。

  時次郎は、簡単に言えば“かっこいい男”です。“クール”なところもあって、例えば、渡世人の義理で、何の恨みもない三蔵を切り捨ててしまいます。しかし、三蔵の妻おきぬと倅の太郎吉のことを頼まれたら、「女房と子は自分が守る」と決心し、堅気になって二人の面倒を見ます。そして、おきぬに好意を寄せているけれど、それは絶対に口には出さない……。 “男のロマン”と言うのか、ただ堅気に憧れている渡世人ではなく、色々な思いが時次郎の心の中にあるところも、このお役の魅力です。それらを表現するには、並大抵の研究ではいけないと思うので、一所懸命役づくりをしていきたいと考えています。

 『坂崎出羽守』では、徳川家康を勤めさせていただきます。松緑さんのお父様の辰之助(三代目尾上松緑)さんが昭和56年2月に歌舞伎座で演じた舞台も拝見しております。同い年で仲の良かった辰之助さんの息子さんと今回共演できるというのも、とても楽しみなことです。

 初舞台を踏んで間もない頃、毎年お正月に父(六代目中村歌右衛門)の名代で、長谷川伸先生のご自宅へ年始のご挨拶に伺っていたんです。その頃は大作家だなんてことは分かっておりませんでした……とっても良い“おじいちゃん”のような雰囲気を持っていらっしゃる方でした。
 それから暫くして、先生のお芝居にも色々と出させていただきました。今回、沓掛時次郎を自分がやらせていただくことになったことに、ご縁を感じますし、先生に認めてもらえるような時次郎を演じたいと思います。 

 

  

 

尾上松緑
(『坂崎出羽守』坂崎出羽守成正、『沓掛時次郎』六ッ田の三蔵) 
 

 

  『坂崎出羽守』は、六代目尾上菊五郎が初演し、その後は祖父(二代目松緑)、父(三代目松緑)が演じてきた作品でございます。私も幼少の頃に父の出羽守を見て、素晴らしい作品だなと感じていました。いつかは演じたいと考えていましたので、今回、機会が巡ってきた事を嬉しく思っています。
 
  私にとって出羽守と言うと、やはり父のイメージになります。出羽守の内面の葛藤というか……父は、そういうところを表現するのがとても上手い人でしたので、子ども心に “ほの暗い情念”といったものに魅入られまして、いつかそういう感情を表現できるようになりたい、と思っておりました。出羽守の“執着”が、舞台で少しでも出せればと思い、今研究をしています。
 
 父が出羽守を演じた時(昭和56年2月歌舞伎座)、上演中は、絶対父に話しかけてはいけないというような空気になり、緊張感がありました。後々聞きますと、祖父が出羽守を勤めている時も、やはり力が入っていたそうです。それだけ演技というか役というか、そうした何かが、舞台から離れても体に張り付いているのでしょう。私もこの出羽守を勤めることが決まってから、どこかずっとお役のことが頭の中から離れません。段々と神経にまで及んでいくようなお役だと思いますし、そうでなければ勤まらないと思います。
 
 『沓掛時次郎』では、六ッ田の三蔵を勤めさせていただきます。今年6月(歌舞伎座)、同じく長谷川伸先生の『一本刀土俵入』に出演し、一年のうちに2本、先生の作品に出演するということに、ご縁を感じています。
 息子の左近と親子の役をするのも、本当に久しぶりですが、私は割と早めに、梅玉のお兄さんの時次郎に殺されてしまうので……その後の息子のことは、お兄さんにお任せしたいと思っています(笑)。
 
  梅玉のお兄さんとは、普段からよくご一緒させていただいておりますが、今回のお芝居では、胸を借りるつもりで勤めていきたいと思います。
 また、7日と14日には、終演後に「アフタートーク」があります。滅多にない機会ですので、お客様に喜んでもらえるようなお話をしたいです。 

 


(左より)尾上松緑、中村梅玉

 

◆◆◆

 武骨一辺倒だった男の恋心と葛藤を巧みに描いた『坂崎出羽守』。人生の裏街道を歩く男の真心と哀愁が人間味溢れた描写で綴られる『沓掛時次郎』。錦秋を彩る新歌舞伎の名作にどうぞご期待ください。
 

 

11月歌舞伎公演は、3日(金・祝)から26日(日)まで
12時開演 但し、10(金)・17(金)は午後4時開演 
10月6日(金)午前10時より予約開始!
国立劇場チケットセンターはこちら
 
公演詳細は↓↓↓   

公演情報の詳細はこちら

 

 

 

 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A