日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展「悪を演(や)る―落語と講談―」

国立演芸場

演芸資料展示室

名称 演芸資料展「悪を演(や)る―落語と講談―」
内容  「悪」と落語・講談、というと違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。しかし落語や講談の世界においても、「悪」が重要になる作品が数多くあります。
 中でも講釈師の演じる御家騒動物や、落語家の演じる長編人情噺といった演目において「悪」は必要不可欠な存在といえるでしょう。 芝居で有名な鼠小僧や河内山宗俊などの悪党も、元をたどれば落語や講談の演目に行きつきます。また一見「悪」とは無縁に見える作品でも、いわゆる「悪人」だけでなく、「悪」の要素が登場人物に陰影を与え、魅力を形作る重要な要素となっている例も多くあります。演者にしてみれば、こうした「悪」をいかに演じるか、どう扱うのかといったところで力量が問われます。
  この展示では、落語や講談の演目に見える「悪」を取り上げ、その魅力をご紹介します。
会期 平成30年4月1日(日)~7月22日(日)
時間 午前10時から午後5時
休室日 4月23・24・27・30日
5月21・22・24・28・31日
6月21・22・25・26・30日
7月1日
場所 国立演芸場1階・演芸資料展示室
入場料 無料
  • 演芸資料展「悪を演る―落語と講談―」
  • 演芸資料展「悪を演る―落語と講談―」

演芸場のご案内

所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 半蔵門線 「半蔵門駅」 1・6番出口より徒歩8分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 4番出口より徒歩5分