日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 公演記録鑑賞会のご案内

国立文楽劇場

公演記録鑑賞会のご案内

日時 毎月1回 午後2時開演
定員 先着159名
料金 無料
会場 国立文楽劇場小ホール
お問い合わせ先 国立文楽劇場事業推進課調査資料係 TEL 06-6212-2531(代表)

国立文楽劇場小ホールでは、毎月1回、自主公演記録映像を上演しています。
国立劇場開場以来の歌舞伎、文楽等の公演を演技、演出の記録として収録してきたものです。一般の鑑賞を目的とした編集はされていませんが、今は故人となられた方も含め、名人の至芸をご鑑賞いただけます。
なお、満席の場合は入場をお断りする事もございます。ご了承ください。

平成29年度下半期国立文楽劇場公演記録鑑賞会

回数月日種別演目・主な出演者終演予定
399 10月5日(木) 文楽 そねざきしんじゅう
曽根崎心中(平成14年7月 国立文楽劇場 カラー)
生玉社前の段、天満屋の段、天神森の段
3時35分頃
竹本住太夫(七代)、竹本伊達太夫(五代)、
豊竹咲太夫、鶴澤寛治(七代)、吉田玉男(初代)、
吉田簑助(三代)、吉田玉幸(二代) 他
400 11月6日(月) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵 (昭和61年11月 国立劇場 カラー)
七段目 祇園一力茶屋の場
3時45分頃
片岡仁左衛門(十三代)、尾上梅幸(七代)、
市村羽左衛門(十七代) 他
401 12月1日(金) 文楽 しんじゅうてんのあみじま
心中天網島(昭和61年10月 国立文楽劇場 カラー)
北新地河庄の段
4時10分頃
竹本津太夫(四代)、竹澤團七、吉田簑助(三代)、
吉田文吾(五代)、桐竹一暢 他
歌舞伎 ににんゆうぎり
二人夕霧(昭和57年12月 国立劇場 カラー)
傾城買指南所-文楽座連中-
中村歌右衛門(六代)、實川延若(三代)、中村芝翫(七代)、
[文楽座:竹本南部太夫(五代)、竹本織太夫(九代源太夫)、
野澤錦糸(四代)、竹澤團六(現 七代鶴澤寛治)] 他
402 1月9日(火) 舞踊 七変化の舞踊(昭和61年2月 国立文楽劇場 カラー)
  えどみやげ
[1]江戸土産
  みなろうてちょっとななばけ
[2]慣ちょっと七化
4時頃
[1]山村楽正
[2]中村扇雀(現 四代坂田藤十郎) 他
403 2月7日(水) 歌舞伎 すけろくくるわのももよぐさ
助六曲輪菊(昭和52年1月 国立劇場 白黒)
三浦屋格子先の場
4時頃
尾上松緑(二代)、尾上梅幸(七代)、
市村羽左衛門(十七代)、尾上菊五郎(七代)、
市川海老蔵(十二代團十郎)、坂東玉三郎(五代) 他
404 3月2日(金) 文楽 こもちやまんば
嫗山姥(昭和48年5月 国立劇場 白黒)
廓噺の段
4時10分頃
竹本越路太夫(四代)、野澤喜左衛門(二代)、
吉田玉男(初代)、豊松清十郎(四代) 他
ごたいへいきしらいしばなし
碁太平記白石噺(昭和63年7月 国立文楽劇場 カラー)
新吉原揚屋の段
竹本織太夫(九代源太夫)、鶴澤燕三(五代)、吉田文雀、
吉田作十郎、桐竹紋壽 他

平成29年度下半期 国立文楽劇場公演記録鑑賞会 チラシ画像